送りバントは、犠牲バントともいい、バッターがアウトになるのと引き換えに、走者を次に塁に進めるのを目指すバントです。 送りバントのコツは、走者がどこの塁にいるかで変わってきます。 もし、走者が一塁にいて、二塁に進めたいと思っている場合には、打球が一塁線を転がるようにするのがベストです。 走者が二塁にいて、三塁に進めるために送りバントをするのなら、三塁線を転がすというのが成功率が高いでしょう。 予め、転がしたい方に角度をつけて構えているといいかもしれません。 それに、なるべくなら、ストライクを狙って打つ方がいいといわれています。 ボールをバットのやや下に、「当てる」ことが大切ですから、繰り返し練習して、ボールの勢いを殺して転がせるようになりましょう。 送りバントをする時には、とにかく走者を次の塁に進めることが大切ですから、自分はアウトになると割り切り、ボールをいい位置に転がすことに専念します。 重心を低くする、体から力を抜いてリラックスを心がけることもポイントですね。